読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルラーiPad × Day One でモブログのススメ

雑記

最近リニューアルしたMac・iOS両対応の日記アプリDay One 2。これが(リニューアル前からだが)Markdown記法に対応してるのでモブログを実践したいと企んでいた。モブログといってもiPhoneではなくiPadで書いている。なぜならセルラー版のiPad Air 2を手に入れたから。

そもそもモブログとは、

携帯電話のインターネット機能を利用して更新するウェブログ(ブログ)。「モバイル」(mobile)と「ブログ」(blog)の造語。

ということなのでiPadを使ったブログ執筆は厳密にはモブログではないのかもしれないが、細かいことは気にしない。気にしない。

今日はiPadを使ったモブログ練習編として、iPadアプリ「Day One 2」を使ってMarkdown記法でブログの下書きを行いその使用感について書いていきたい。ちなみに今回は全文をiPadの画面上のキーボードで書いている。

Day One ジャーナル + ライフログ

Day One ジャーナル + ライフログ

  • Bloom Built Inc
  • ライフスタイル
  • ¥600

僕のiPad持ち運び事情

iPadに対する僕のスタンス一言で表すと「タブレットはあくまでもタブレット。単体で使う方がいい」ということに尽きる。それはつまり、キーボード付きのケースなどと一体化させずに、さっと取り出してタッチパネルにアクセスしやすい環境を整えることが重要だということだ。

僕は以前iPad mini(初代)を発売と同時に購入し使っていた。このiPad miniには一体型のキーボードケースを装着していたのだが、実際に使ってみるとキーボードが必要になる場面は思っていたよりも少なかった。というよりむしろ、キーボードが装着されているせいでiPadを気軽に使えないと感じることの方が多かった。

このような経緯で、今はiPadを持ち歩くときはApple純正のSmart Coverのみ装着してすばやく使えるようにしている。キーボードを使うときはiPadと一体化しないタイプのBluetoothキーボードを持ち歩く。iPadはあくまでもタブレットなのだ。

iPadモブログはまあまあ快適、だけど常用はしたくない

このようなスタンスなので、たびたびBluetoothキーボードを持ち出すのを忘れてしまうことがある。そんなときは画面上のキーボードで文章を入力しなければならないが、Day One 2の場合はキーボードの上にマークダウン用のツールバーが表示されるので使い勝手は全く申し分ない。でも画面上のキーボードで長文を入力するのはちょっと大変。1記事くらいなら余裕で書けるけどね。

セルラー版はすばらしい

実を言うと、これまでセルラー版のiPadを使ったことがなかった。欲しいとは思っていたけれど、なかなか踏ん切りがつかなかったんだ。確かに外出時にはWiMAX 2+のモバイルルーターを持っていたのであまり困ることはなかったが、屋内まで入らないWiMAX 2+の電波状況やルーターのバッテリーなど、気にしないといけないことが意外と多かった。一方セルラーiPadはドコモで契約したのでエリアは全く文句がないし、iPadのバッテリーもかなり余裕がある。Wi-Fiルーターを気にしなくていいって素敵。

セルラーiPadでモブログは普通に「アリ」

ここまで長所や短所を書いてきたが、総合的にみてセルラー版iPadでモブログは「普通にアリ」だと思う。特にスマホでちまちまフリック入力をするのが苦手な人は、iPadのqwertyキーボードくらいがちょうどいいのではないだろうか。PCやMacを持ち出すほどではないときはiPadでのモブログ、普通に「アリ」だと感じた。

まとめ

ここまでiPadだけで文章を書いてみたが、思っていたよりも大変ではなかった。書くスピードは普通のキーボードに及ばないものの、出先での空き時間にブログを書くにはうってつけだと思う。

Day One ジャーナル + ライフログ

Day One ジャーナル + ライフログ

  • Bloom Built Inc
  • ライフスタイル
  • ¥600

2016年5月16日 22:11 追記
iPadでのモブログについて新しい記事を書きました。こちらもご参考にどうぞ。