読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

27インチiMacのメモリを増設したのでやり方を解説

Apple Apple-Mac

imac_ram

僕が現在メインマシンとして使っているiMac (27-inch, Late 2012) のメモリを増設したのでやり方を解説しておきたい。

注意事項
最新の27インチRetina 5Kディスプレイモデルではメモリの仕様が異なるようなので注意してほしい(裏蓋の開け方くらいは参考になるかも)。 あくまでもiMac (27-inch, Late 2012) でのやり方だ。

今回増設するモデルについて

imac

上の写真は3年前の購入直後のものだ。 この代のiMacは光学ドライブが廃止されて薄型化されたり、オプションでFusion Driveが選べるようになったりなど変化の大きかったモデルであるが、ユーザーがメモリにアクセスできるという点は以前と変わらない(ただしメモリにアクセスできるのは27インチモデルのみとなった)。 参考までにこのiMacの構成をまとめておきたい。

ディスプレイ 27インチLEDバックライトディスプレイ、2,560 x 1,440ピクセル
プロセッサ 2.9GHzクアッドコアIntel Core i5
メモリ 8GB(4GB x 2)1,600MHz DDR3メモリ
ストレージ 1TB Fusion Drive

普通に使う分には不満はないが、仮想環境でWindows 10を走らせながらPhotoshopやIllustratorを使うとカクカクする。そんなスペックだ。 いつか増設したいと思いながらだましだまし使っていたのだが、カクカク具合にストレスがたまるようになったのでやっと重い腰を上げることにした。

16GB追加

transcend_ram

メモリは全4スロット中2スロットは純正のもので埋まっているので、今回は純正メモリも残しつつ残りの2スロットに新たに増設することにした。 購入したのは台湾Transcend製の8GB×2枚セットだ。 Amazonのレビューに僕のと同じモデルでの動作報告があったので安心して購入することができた。 つい最近まで10,000円近くしていたのに安くなったもんだ(記事執筆時点で7,350円)。

取り付けてみよう

imac_back

まずは窓のサッシなどの金属に触れて静電気を逃がしておこう。 精密機器を扱っているんだということをお忘れなく。 少しの静電気でも命取りとなることがあるのだ。

メモリスロットはiMac本体裏面の電源ポートのすぐ上にある。 ケーブルをすべて抜いて柔らかい布の上で横にしよう。 ただし27インチなので結構広いスペースが必要だ(僕はベッドの上で行った)。 最初は立てたままでやろうとしていたのだが不安定になので必ず横にして行おう。

imac_ram_door

開ボタンは指では押せないほど固く、爪が曲がってしまうほどだ。 代わりにプラスチック製のクリップで押してみたものの、いとも簡単に折れてしまった。

clip

最終的に金属製のクリップで強く押し込んだら開いた。 傷がつくかもしれないと思っていたが案外大丈夫だったみたいだ。 開けた途端3年分の埃が吹き出す。

imac_back_cover

カバーの裏にはメモリの差し込み方がイラストで説明してある。 このモデルは凹みのある方を左側にして差し込めばOK。

imac_back_cover_1

取っ手を引き出す。

imac_ram_slot

最初から入っているのはエルピーダ(現マイクロン)製の4GBが2枚。

imac_ram_elpida

今回購入したメモリを差し込む。 最初から入っているものと互い違いになるようにしよう。 カバーの裏に書いてあったように、このモデルの場合はメモリ端子部の凹みが左寄りになるようにする。

imac_ram_transcend_1

そーっと奥まで入れて…

imac_ram_transcend_2

カチッというまで押し込む。

imac_ram_transcend_3

最後に取っ手を奥まで戻して…

imac_ram_transcend_4

これでOK。

imac_ram_transcend_5

カバーを戻せば完了だ。お疲れさまでした。

imac_back_cover_2

起動して確認してみる

電源ケーブルを接続し起動してみる。 正しく挿入できていないときは電源投入時にビープ音がなるようだ(詳しくは未確認)。

すんなりと起動したので、Appleマーク > このMacについてと辿っていき、メモリタブをクリックすると…

imac_status

無事に認識されているようだ。 もともと8GBしかなかったものが一気に3倍になったのだから、体感的にもものすごく速くなった気がする。

試しに重そうなアプリを一度に起動してみた。

imac_activity_monitor

  • 仮想環境(Parallels Desktop)のWindows 10
  • Adobe Photoshop Lightroom
  • Adobe Photoshop CC 2015
  • Adobe Illustrator CC 2015
  • 写真.app
  • iTunes

これだけ同時に起動してもサクサクだ。 すばらしい。

まとめ

iMacのメモリを増設しようと企んでいた人は、価格も一気に下がり手を出しやすくなっているので今がチャンスだと思う。 また、このメモリはAmazonでよくタイムセールの対象となっているのでタイミングが合えばさらに安く済ますことも可能かもしれない。 全く難しい作業ではないので、もし迷っている人がいたらそっと背中を押してあげたい気分だ。 そんな人にこの記事が参考になれば幸いだ。

今回使ったのはTranscend社の8GB×2枚セット。

こちらのシリコンパワー社の8GB×2枚セットでもよさそうだ。 これもよくタイムセールの対象になっている。