読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MarkdownもHTMLも使えるよ!iPadでモブログするならTextasticがオススメ。

Apple Apple-iPad

ipad_textastic

カバンが重くなるからPCを持って行くのは気が引けるけど、出先で快適に文章を書きたい。ブログを書きたい。論文を書きたい。でもカバンが重くなるのはイヤ!そんなワガママに応えてくれるのがiPadだと思う。僕はiPad Air 2セルラーモデルを使っているのだが、テキストエディタ「Textastic」を使うと快適に文章を書くことができたので紹介しておきたい。

Textastic Code Editor 6

Textastic Code Editor 6

  • Alexander Blach
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

MarkdownもHTMLも扱えるコードエディター

このブログが利用しているのははてなブログPROのサービスだ。はてなブログはMarkdown記法での執筆に対応しているので、HTMLタグ打ちと比べてお手軽にブログを書くことができる。ちなみにMarkdown記法を駆使したブログの執筆については以下のブログが参考になる。

TextasticはこのMarkdown記法での記述に対応している。したがって、Texasticを使ってMarkdown記法で原稿を書いてプレビューまで行い、はてなブログにコピペするという流れでブログを書くことができる。

Markdown記法でブログを書くといっても、Markdownだけを使って書かなければならないというわけではない。つまりMarkdownとHTMLタグを混在させることができるのだ。HTMLまで使うとなると、なお一層Textasticのコードエディターとしての強みを発揮できる。

フォントやテーマも変えられる

内蔵されているフォントは7種類。サイズも変更可能だ。

textastic_font

テーマの種類も豊富だ。明るいもの、暗いもの、全部合わせてなんと24種類!以下にまとめてみたので参考にして欲しい。どのテーマもシンタックスハイライトに対応している。

textastic_theme 【クリックで拡大】

シンタックスハイライトをMarkdownモードにすれば、Markdownの記号だけでなくHTMLタグもハイライトされるのが気が利いている。下の画像はテーマ「Monokai」でシンタックスハイライトを「Markdown」に設定したもの。

textastic_highlight

iPad単体でも意外と快適

iPadで文章を書くとなると、Bluetoothキーボードを接続したり、最近ではiPad Pro用のSamrt Keyboard使ったりするのがセオリーとなりつつある。しかしながらどうしてもキーボードの分だけカバンが重くなってしまうので、機動性を重視するときはiPadのソフトウェアキーボードを利用する場面もあるかもしれない。

そんなときに役に立つのがTextasticの拡張キーボードだ。通常のキーボードの上に表示されているこの拡張キーボードは、ちょうどフリック入力の要領でよく使う記号を入力することができる。

textastic_keyboard

こんな風に持って書くことだってできる。これならスキマ時間にちょっとずつ書くことが可能。

textastic_handson

以前日記アプリ「Day One 2」を使ったモブログについて書いたことがあるが、拡張キーボードがある分Textasticの方が速くブログ用の文章を書くことができる。HTMLタグを使わないような普通の日記ならDay Oneで十分なんだけどね。。。

キーボードを組み合わせると最強

textastic_bluetooth_keyboard

上の写真のようにキーボードを組み合わせると生産性がかなり向上する。「文章を書くこと」だけに着目すればMacで書くのとほとんど変わらない。ただし「ブログを書くこと」に関しては画像処理の部分でMac(Photoshop)の方が勝っているので、がっつり書くときはMacかな。

僕はiPad Air 2を使っているのでバッファローのBluetoothキーボードを使っているが、iPad Proを使っている人はSmart Keyboardになるのだろうか。いずれにせよ、iPad×Textastic×キーボードの組み合わせはかなりオススメできる。

ちなみに、ソフトウェアキーボードの上に表示されていた拡張キーボードはBluetoothキーボードを接続しても表示される。こんな感じ。

textastic_keyboard

つまり、Bluetoothキーボードで入力しているときに記号を入力したくなったら...

textastic_keyboard

こうやって手を伸ばせば簡単に入力することができるのだ。すばらしい。

textastic_keyboard

プレビュー機能もあり

記事を編集中にメガネのアイコンをタップすればプレビューすることもできる。MarkdownやHTMLで記事を書いていると実際の見え方をイメージしなければならないが、プレビュー機能があれば一発で確認することができる。これは嬉しい機能。

編集中にプレビューボタンをタップすると...

textastic_preview_button

このようにプレビューすることができる。

textastic_preview

まとめ

はてなブログのiPadアプリもMarkdown記法に対応しているので、Textasticで書いたものをそのままコピペして投稿することも可能。少々値の張るアプリだが、これがあれば確実にiPadでのモブログは捗るので気になったらぜひ使ってみてほしい。

Textastic Code Editor 6

Textastic Code Editor 6

  • Alexander Blach
  • 仕事効率化
  • ¥1,200