読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【脱モバイルルーター】WiMAX 2+を解約しました。3年間使ってみた感想などをまとめます。

モバイル回線 モバイル回線-WiMAX

20160702_wimax

何かと便利なモバイルルーター。僕は3年前からSo-netのWiMAXを契約していて、外でMacで作業するときにはなくてはならない存在になっていた。そして今回、2014年から契約しているWiMAX 2+回線が更新月を迎えた。しかし更新や乗り換えなどはせず「脱モバイルルーター」をしてみようと考えている。このように思った経緯について書いていきたい。

そもそもなぜモバイルルーターを契約したのか

僕がWiMAXを契約したのは2013年5月。当時は大学5年生(留年じゃないよ。6年制薬学部です)で大学外で実習をする日が多かった。iPadをいちいちiPhoneのテザリングにつなげるのが面倒になってWiMAXを契約したのだ。

URoad-Aero

当時はまだ今ほどMVNOが発達していなかったので、モバイルルーターを契約するならWiMAXかPocket Wi-Fiの2択しかない、という状況だった。そこで僕は薄くて軽いWiMAXルーター「URoad-Aero」(とキャッシュバック)に惹かれてSo-netのWiMAXを契約した、というわけ。チョロい奴だ。

翌年の更新ではWiMAX 2+へ

HWD14

無印WiMAXは1年ごとの更新だったため、翌年(2014年)は同じくSo-netのWiMAX 2+へと乗り換えた。このときに契約したルーターが「Wi-Fi WALKER HWD14」。しかしこのルーターがかなりのくせ者で、WiMAX 2+回線に繋ぐと頻繁に電源が落ちるという仕様?バグ?があった。

W01

しばらく耐えていたものの、我慢できなくなって後継機「Speed Wi-Fi Next W01」をヤフオクで仕入れ、つい昨日(日付が変わっちゃったから一昨日)まで使っていた。よく考えてみると3年間で3台ものモバイルルーターを使ってきたんだなぁ。

3年使って分かったモバイルルーターのメリット・デメリット(WiMAX 2+の場合)

一口にモバイルルーターといっても、UQ WiMAXをはじめとしてY!mobileのPocket Wi-Fiや各種MVNOが提供しているもの、はたまた怪しげなSIMフリーのものまで様々だが、僕がWiMAX/WiMAX 2+のモバイルルーターを3年間使って感じたメリット・デメリットを挙げてみたい。

メリット

  • 外でもMac / PCを開いたらすぐにWi-Fiを使える
  • テザリングによるスマホのバッテリー消費を気にしなくていい
  • ScanSnapなどWi-Fiで接続する機器が外でも使える

外でも自分専用のネットワークがあるというのはやっぱり便利。ScanSnap iX100などのWi-Fi対応機器も気兼ねなく使えるのは僕にとってはかなりのメリットだった。

デメリット

  • 充電が面倒
  • 荷物が増える
  • 建物の中まで電波が入らない(WiMAX / WiMAX 2+の場合)
  • そんな回線に月4,000円の出費は痛い

上2つはまあいいとして、電波が入らないのは致命的。周波数の関係上どうしようもないことなんだろうけど、これは大きなデメリットだと思う。確かにau 4G LTEに繋げるモードもありはするが、追加料金が月に約1,000円かかる上に7GB制限まで入ってしまう。そうすると月5,000円で7GBまでしか使えないという、最近のMVNOと比較すると相当割高な回線になってしまうので使いにくい。

脱モバイルルーターを選んだ理由

確かに電波の問題と費用の問題はMVNOに乗り換えれば解決する。ではなぜ僕が「MVNOへの乗り換え」ではなく「脱モバイルルーター」を選択したのか

Instant Hotspotが超便利

instant hotspot

3年前にはできなかったことの一つ、それはMacとiOSデバイス間のInstant Hotspotだ。従来まではテザリングをする場合iPhone側を操作してインターネット共有をONにする必要があったが、2014年秋に公開されたOS X YosemiteからはMac側からの操作だけでテザリングができるようになった。これによってテザリングの心理的な敷居が一気に下がった気がする。

セルラー版iPadを手に入れた

一番大きな理由はこれだ。今年の3月にドコモオンラインショップで投げ売りしていたiPad Air 2を手に入れ、メイン回線とシェアして使っている。いままでモバイルルーター経由でネットに繋いでいたiPadが単体で高品質なドコモ回線に繋がるわけだ。

3年前はシェアプランなんて存在しなかったので、つくづく良い時代になったものだと思う。やっぱりiPad単体で通信できるっていうのがかなり快適で、モバイルルーターの電波状況やバッテリーを気にしなくていいので気が楽だ。

iPadでテザリングすればバッテリーを気にしなくていい

テザリング中に気になるのはやはりスマホ側のバッテリーの消費だろう。でも大容量のバッテリーを積んでいるiPadでテザリングすれば、そんなこと気にしなくていい。

そんなこんなで調子こいて使っていたら、まだ7月1日だというのに3GBも使ってしまっていた。謎だ。

しばらく様子を見ます

ここまで脱モバイルルーターがどれほど素晴らしいか書いてきたが、今まで普通に使っていたものがなくなるので、どうしても不便に感じてしまう部分が出てくるかもしれない。そしたらまた気が変わるかもね。まあWiMAX 2+ルーターをそのまま使い回して、mineoあたりで1回線契約してもいいかなと思っているところだ。もう少し様子を見たい。