読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple純正iPhone 7 Plusレザーケース(ブラック)レビュー

Apple Apple-iPhone

全国的に品薄のiPhone 7 Plus。僕もドコモオンラインショップでジェットブラックの256GBモデルを予約しているが、一向に入荷する気配がない。発売日に入手できる前提でケースを先に確保しちゃったので、ひとまずケースだけレビューしたい。

今回購入したのはApple純正のレザーケース。色はブラックだ。今使っているiPhone 6sにも同じケースをつけているので比較しながらレビューしたい。

開封します

まずはパッケージから見ていきたい。と言っても特筆すべきことは無く、おなじみの白い箱に入っている。iPhone 6sレザーケースと同じだ。

package
おなじみのパッケージ。

上方向にスライドして開封する。ケースの箱ですらこのクオリティ。

package_open

がっちりと固定されている。

package_inside
ご対面。

固定を外すとその下には本体のはめ方がイラストで描いてある。

case
中身はケースだけ。

内側は起毛素材で覆われており、iPhone本体に傷がつかないようになっている。これもこれまでと同様だ。特にジェットブラックモデルは傷がつきやすいらしいので、この加工はありがたい。

uchigawa
相変わらずのハイクオリティ。

iPhone 6sレザーケースと比較してみる

手元にあるiPhone 6sレザーケース(ブラック)と比較してみよう。同じ所、違う所をひとつずつピックアップしていきたい。

【6sレザーケースと比較①】レザーのクオリティは同じ

compare_outside
左がiPhone 6s用、右がiPhone 7 Plus用

レザーの手触りは全くと言っていいほど変わらない。そもそも6s用も質の高いものだったのでこれ以上のものは望んでいなかったが、クオリティが下がらなかったのは一安心だ。

【6sレザーケースと比較②】内側の起毛加工も同じ

compare_inside
左がiPhone 6s用、右がiPhone 7 Plus用

内側の起毛加工も全く変わらない。さすが高級ケース。この辺りが積極的に純正ケースを選ぶ理由だよね。

【6sレザーケースと比較③】ボタンが押しやすくなってる

volume_button
音量ボタンの比較。手前がiPhone 7 Plus用、奥がiPhone 6s用。

使い勝手に大きく影響しそうな変更点だ。今回のiPhone 7向けレザーケースにはボタンの部分にプラスチックの部品が埋め込まれている。6sレザーケースはただ窪んでいるだけですごく押しにくかったので、この変更は歓迎したい。

sleep_button
こちらはスリープボタン。手前がiPhone 7 Plus用、奥がiPhone 6s用。

試しにiPhone 6sを入れてボタンを押してみる

こんな風に押し込んで…

ボタンを押してみる。

あ、全然違う。6sレザーケースは一枚クッションを挟んだような押し心地で、ちょっと気持ち悪い感触だったが、7 Plusレザーケースは全然違う。なんというか、iPhone特有のカチッと押せる感じがそのまま伝わってくると言えば分かるかな。ケースをつけていないときと同じような感触。すごくいい。

そのほか細かい違い

あとはAppleマークがくっきりなった(細い線で縁取りされてる)とか、カメラ周りのプラスチックの部品がなくなったとか、細かい違いがある。

まとめ

package

今回のiPhone 7 Plusレザーケース、クオリティは6sのものと同等だといって差し支えない。相変わらずのハイクオリティだ。手触りも最高で革の匂いもする。少し値が張るが買ったときの満足度はかなり高い。

質の高いiPhoneケースを探しているなら、まずこれを買っておけば間違いない。ただ、一度使ったら安いものには戻れなくなるので、そこだけが注意点かな。また、側面を持ったときの滑り止めにもなるので、よくカメラを使う人にもオススメしたい。

2016年9月27日追記:iPhone 7でイヤホンジャックが無くなる問題の解決策について書きました。もしよろしければこちらもどうぞ。