読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【iPhone 7で使える】手持ちのイヤホンをワイヤレス化するBluetoothレシーバーの選び方を教えます。

音楽 音楽-イヤホン・ヘッドホン

earphone-wireless

iPhone 7でイヤホンジャックが無くなった問題。Lightning接続のEarPodsが付属していたり、完全ワイヤレスのAirPodsが発表されたりと、Appleなりの解決策を準備してくれている。が、今現在いいイヤホンを使っているような人なら、これら新製品が鳴らす音は物足りなく感じてしまうのは想像に難くない。

今使っているイヤホンをこれからも使うとなると、あの悪名高いアダプタを装着することになるのか…? すごくカッコ悪いよ… でも諦めるのはまだ早い! 手持ちのイヤホンをBluetoothレシーバーでワイヤレス化してしまえばいいんです。

ワイヤレス化して音質は劣化しない?

iPhone 6s

一番気になるこの話題。

そもそも、iPhoneで音楽を聴くときにいいイヤホンを使ってる人は「iPhoneで手軽に音楽を聴きたいけれど、付属のEarPodsでは音質が物足りない」とか「音楽専用機を持ち運ぶほどこだわりはないけど、ある程度の音質は必要」みたいな考えを持っているのではないだろうか。何が何でも音質が最優先っていう人はiPhoneで音楽を聴いていない、もしくはポタアンを使っているので今回の騒動とは無縁だと思う。

何が何でも音質最優先って人はいいプレーヤー買ってください。

言ってしまえば(語弊があるかもしれないが)、「iPhone + いいイヤホン」程度で満足できていた人はワイヤレス化による音質の変化(劣化ではないのがポイント)を許容できるような人だと思う。少なくとも僕はこのようにカテゴライズされるような人だし、音質の変化も気にならない。

ただし、レシーバー選びを間違えると悲惨な音質になってしまうので、この点に関してこの記事でまとめてみたい。

ポイントはAAC

ざっくり言うと、音楽をBluetoothで飛ばすときに重要になってくるのはコーデックだ。コーデックとは、MP3とかAACとか、要するに音楽のファイル形式のこと。音楽のBluetooth伝送には主に以下の4つのコーデックが使われる。

コーデックiPhone対応音質その他
SBC×
AAC
apt-X×
LDAC×現状ソニー系のみ対応

iPhoneが対応しているのはSBCとAAC。SBCの音質は論外なので、レシーバーを探すときはAAC対応となっているものを選べばいい。

レシーバーによってはiPhone直刺しと比べて音の傾向は変化することはあるが、少なくとも劣化は無いと思う。Apple Musicで配信されている音楽ですらAAC 256kbpsなわけで、Bluetooth側でいいコーデックを使ってもこれを超えるのは不可能なのだ。

ポイント1:AAC対応のものを買おう。

バッテリーは保つ?

XBA-40

僕が使っているソニーのMDR-NWBT20Nは、個人的な感覚では意外と保つという印象だ。具体的に充電100%で何時間使えるか測ったわけではないが、1日2〜3時間の使用で1週間くらいは充電なしでいけるような感じ。

でもこの製品の弱点は、レシーバー本体のランプでしかバッテリー残量を確認できないことだ。バッテリー残量が減ってくると、普段青く光っているランプが赤くなる。これに気づかなかったらバッテリー0%になった途端いきなり電源が落ちて音楽が止まる。

それを防ぐために最近の製品では対策がされているのだ。

画面上で確認したい場合はBluetooth 4.0以上の製品を買おう

最近の製品では、レシーバーのバッテリー残量をiPhoneの画面上で確認できる。こんな感じだ。

iphone_widget
Bluetoothレシーバーではなくヘッドホンで恐縮ですが、こんな感じで表示されます。

この機能を使うためには、レシーバー側のBluetoothバージョンが4.0以上である必要がある。僕のMDR-NWBT20NはBluetooth 3.0なので使えない。

ポイント2:Bluetooth 4.0以上のものを買おう。

で、結局どれを買えばいい?

いいイヤホンをワイヤレス化するためのポイントをまとめてみたが、結局どれを買えばいいのか。迷っている人のために、「これを買えば間違いないはず!」と言う例をいくつか出しておきたい。

ELECOM LBT-PAR500AV

Bluetooth 4.0でAAC対応という、iPhoneで使うには最適なレシーバーだ。デザイン的にはちょっと微妙だけど。

200mWのヘッドホンアンプ(100mW+100mW)を搭載しているので、音質で選ぶならこれかな。

ELECOM LBT-PAR150

こちらもBluetooth 4.0でAAC対応。上のものより安価なモデルだ。

こちらはヘッドホンアンプが80mW(40+40)なので音質で劣るかもしれない。手っ取り早くワイヤレス化したいならこっちかな。

Sony MDR-NWBT20N

僕が使っているのはコレ。AAC対応でBluetooth 3.0。音質には不満はないけど、iPhone上でバッテリー残量の確認はできない。ウォークマン用のアクセサリだが普通にiPhoneでも使える。

コンパクトだから使いやすいけど、発売が古い製品なので今さら買うのはあまりオススメしない。

まとめ

iPhone用Bluetoothレシーバー選びで重要なポイントをおさらい。

  • ポイント1:AAC対応のものを買おう。→ 音質に括りたいなら必須条件
  • ポイント2:Bluetooth 4.0以上のものを買おう。→ 使い勝手向上のため

以上の2点を守れば、いいイヤホンを使っていても違和感なくワイヤレス化できると思う。

また、当ブログではレシーバー内蔵型のBluetoothイヤホンもレビューしているので、こちらも参考にして欲しい。

Bluetoothスピーカーはこちら。