読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac版Evernoteのデータ消失バグ。1年分のプレミアムを無料で配るという神対応。

Evernote

evernote-bug

各種メディアから記事が出ているが、9月にリリースされたMac版Evernoteアプリで画像や添付ファイルが消えるというバグが発生していた。影響が出るのは一部のユーザーとのことだが(僕も影響を受けた)、その可能性のあるユーザーに1年分のプレミアムが無料になるポイントが付与された。

この件に関するEngadgetの記事はこちら

まずは最新版にアップデートを。

Mac版Evernoteアプリを使っているユーザーは、いますぐ最新版に更新して欲しい。バージョン6.9.2以降であればこのバグは発生しない。

ノートに保存した画像が消えるバグが発生していた。

おそらく9月末頃だったと思う。ScanSnapでスキャンしたJPEG画像を保存したノートを確認しようとしたら、そのノートから画像が消えていた。最初は僕の勘違いだろうと思っていたが、よくよく考えてみると確かに保存した記憶がある。

これはおかしいぞと思いながらサポートを確認しても、まだEvernote側からのアナウンスは無し。なんとか自力でノートを復旧できないかと方法を探っていたら、Evernoteには「ノート履歴」という機能があるらしい。この機能はプレミアム会員しか使えない機能だが、僕はプレミアム会員なので何の問題なく使えた。

ノート履歴を使って復旧した。

note-history
ノート履歴からバージョンを戻せる。

このノート履歴という機能、初めて使ったのだがなかなか便利だと思った。MacのTime Machineと同じように、過去のいくつかの時点におけるバックアップが保存してあるものなのだが、こういうトラブルが発生したときにはかなり役に立つ。

使い方は非常に簡単で、Mac版アプリ上でできる。各ノートの「i」マーク > 履歴を表示 とクリックしていくだけで復旧したいバージョンを選ぶことができる。

影響を受けたユーザーに1年分のプレミアムが配られた

mail
Evernoteからのメール。

で、昨日になってEvernote側からのアナウンスがあった。影響を受けた可能性のあるユーザーにメールを送っているようだ。

この不具合は、今年 9 月にリリースされたバージョンの Evernote for Mac で発生する可能性があります。また、稀ではございますが 6 月以降にリリースされたバージョンでも発生することが確認されています。これらのバージョンにおいて、例えばノートを順番にクリックするなどの連続した操作を行った際に、警告なしに画像または添付ファイルがノートから削除されてしまう現象が報告されております。テキストに影響はありません。

Evernote側から示された解決策は前述の「ノート履歴」を使った復旧。そのためにはプレミアム会員である必要があるので、1年分のクーポンコードを配って回った、というのが今回の経緯。

つきましては、「ノート履歴」によるデータ復元を試みていただくため、Evernote プレミアム 1 年分をお客様にご用意させていただきました。

さすがEvernoteだなと思ったのは、既にプレミアム会員である場合でも、このコードを使えばプレミアムを1年延長できる点。

既にプレミアム会員のお客様は、現在のプレミアム登録を 1 年間延長するか、後で使えるポイントとして貯めることが可能です。

ということで、ありがたく頂きました。120ポイント。

120pt
まさに神対応。

僕はEvernoteが無いと死んでしまうというくらい依存しているヘビーユーザーだ。Evernote信者と言ってもいい。もちろんEvernote自体が使いやすいっていうのもあるけど、Evernote社の考え方というか、ユーザーを重んじる姿勢が好きなんだよね。こういう企業には応援の意味も込めてお金を払うのが礼儀だと思って、かれこれ4年くらいプレミアム会員を継続している。

そんな中降って沸いてきた今回のクーポンコードだが、ありがたく頂くことにしました。貰えるものは貰っとけというわけです。それにしても1年分も配って回って大丈夫なのだろうか?ちょっと心配になってきた。

あ、ちなみに「今からEvernoteはじめるよ!」って方がいらっしゃいましたら、下のリンクから登録して貰えれば泣いて喜びます。なぜかというと僕に10ポイント入るからです。あなたにはプレミアム1か月分がプレゼントされますのでぜひ。

Evernoteに登録する